【三ツ巴 第百譚】自分の当然が他人の当然だと思うな【6】